看板の種類

  • 壁面看板

    建物自体の壁面や塀などに取付ける看板です。店舗の軒上などに設置する事が多く、最も一般的な看板と言えます。高い場所に取り付ける事で視認性もアップし、比較的大きいサイズにできるので、様々な情報を掲載する事もできます。

  • 自立看板

    支柱などで自立して建たせる看板なので、壁面がない場所などでも設置が可能です。国道沿いや会社・店舗の門前や駐車場などに設置する事が多い看板です。支柱を高くする事で遠くからでも視認できるようになり、店舗などの位置づけにも効力を発揮します。

  • 突き出し看板

    袖看板とも言われ、壁面や支柱に突き出した形で取付る看板です。道路に対して垂直に設置する場合が多く、歩道や道路に対しても存在感をアピールできます。テナントの連合看板として設置されている事も多く、間口が狭い店舗にも重宝します。

  • 電飾看板

    LEDや蛍光灯など、看板内部に照明を入れた看板の総称です。夜間の案内にはもちろん、自らが光を放ってアピールするので、使い方によっては昼間でも非常に目立ちます。様々な種類の看板に電飾を施す事ができるので、用途によって使い分けられます。

  • スタンド看板

    店舗や会社の入口まわりなどに設置し、歩行者を誘導する看板です。A型看板やT型のスタンド看板など、様々な形状があります。折り畳めるタイプやキャスター付などは移動にも便利なので、会場案内や少し離れた通りからの誘導にもよく使われます。

  • 立体文字

    壁面や塀などから立体的に文字やロゴマークが浮き出している看板。フレームがない分すっきりと見せる事ができ、おしゃれな美容室や飲食店などにもよく選ばれます。樹脂製の文字からステンレス製の箱文字まで様々な形状があり、文字内部に照明を入れて光らせることも可能です。

  • テント看板

    店舗の入口上部などに設置し、雨や日差しを防ぐ屋根としての役目を持ちながらも、店名など入れて店舗の存在感を演出できる看板です。可動式のオートニング型などもご用意できます。

  • ウィンドステッカー

    窓ガラスや扉に直接貼るカッティングシート。店舗や会社の入り口にロゴや営業時間などを表記する場合が多い他、遮光用に使われたりもします。営業車などにも貼ることができ、幅広い用途で使用できます。

  • タペストリー

    壁面などに取付ける幕。季節ごとのメニューの変更やキャンペーンの情報を案内する時など、常設の看板と併用して使われる事も多いです。ビニール製や布製など、用途にあわせて様々な素材を選べます。

  • 看板リフォーム

    看板を新しくしたり、場所を変えたりするだけでも、お客様が感じる印象は大きく変わる場合があります。プラスアートでは、古くなった看板の貼り替えやクリーニングなど、メンテナンスも承っています。蛍光灯の交換やLED照明化など、電飾看板のメンテナンスもご相談ください。

  • ロゴ制作

    会社やお店のシンボルとして長く使う事になるロゴマークやロゴタイプはとても大切です。看板屋によっては職人さんが簡単に作る場合もありますが、看板のデザインの上でも非常に重要な要素となるので、プラスアートではデザイナーが作成します。ロゴ単体でのデザインもお受けいたしますので、お気軽にお問い合わせ下さい。

  • 各種デザイン

    プラスアートは看板以外にもホームページ、名刺、チラシ、商品のパッケージなど、開業に必要なツールのデザイン・印刷を一式でお受けできます。看板と同時にそれらのツールを作成する事で、スムーズに開業準備を進められるだけでなく、戦略的な集客を練る事が可能になります。